結婚式の案内状について

冠婚葬祭は、人生の節目節目で行なわれます。
その「婚」に当たるのが結婚式です。
最近では、結婚式のスタイルも様々になり、和式から洋式、両方を取り混ぜたものなどがあります。
カップルで決めて、オリジナリティーあふれる結婚式をするというパターンが増えています。
その流れから、結婚式の招待状も、オリジナルで作るカップルが多いそうです。
結婚式の案内状を書くときに、注意したいことがあります。
まずは、返信ハガキなどつけて、出欠の連絡を請う場合には、早めに出すことが大切です。
久しぶりに会う友人などは、自立して実家を出ている場合もあります。
返信が返ってこなければ、直接連絡を取ることも考えなくてはいけません。
不安ならば先にメールや電話などで連絡しておきましょう。
また、出す相手の年齢などを考慮し、失礼のないように丁寧な文章を作りましょう。
文章例については、インターネットなどに載っています。
大体書くことは決まっているようです。
最近では、年上の人にはこうした昔ながらの招待状をきちんと作り、同年代にはメールやくだけた手紙を出す、と分けている人もいるようです。